fc2ブログ

記事一覧

親中の人を講師によぶとは・・・


『周近平政権の外交政策』が題目で洪氏は遠藤誉さんだった。
 
戦後、満州で8年間も苦労した学者で、元筑波大教授だった。
 
中国の悪さに歯切れが悪い。等々大変な結論で、自分で判断できない人はパニクッタ。
 
前半は中国の政治体制の説明。なぜ9人体制、7人体制化、軍部は党の直轄で、国でも国民のもの
でもない。格差、腐敗、インターネット勢力、しかし人権問題を言わないのでおかしいと思った。
 
後半は日本は尖閣は極端に言えば、過去、「たなあげ」を何度も認めている。米国は日本を見捨てる
と言う内容だった。何だ知中、親中のキャラクターなのだ。
スポンサーサイト



コメント

No title

日中国交正常化交渉の際、日本政府と小平の間に、尖閣諸島の領有権 については「棚上げにする」という「密約」が成立していました。

つまり尖閣諸島は日本の領土とも 中国の領土とも定めない、という「合意」が成立していた。

しかし「密約」であるから文書などなく、公的には知らぬ存ぜぬということになる。
国有化によりこれを反故にした、という現中国政権の非難は笑すべきだ。

こうした大元の客観事実をまずはっきり言わず、あたかも野田政権の外交失態だという論者は、私は中国の???だと思っております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ