FC2ブログ

記事一覧

安倍さんの目標はノーベル平和賞

私は今回の国連総会で強く感じたことのひとつだ。
 
外交を良くやっている。中国の脅し、韓国の意地悪は続くが、アジア、中東、アフリカ、それにロシアとの
対話ができている。北朝鮮すらすり寄ってきている。イランの米国との直接ラインを引いたのも岸田大臣
に行かせたからだ。
 
国内にも難問題は山積だが、国際、外交は日本の苦手な部分だ。
 
安倍さんのやってきたことは、徐々にではあるが、国際的な評価を得つつあると思う。
 
外交は分析が難しいが、日本がやれること、限られているが、全力を尽くすことが重要だ。
 
風は安倍さんに吹いている。

スポンサーサイト



コメント

No title

米・イランの両大統領が、断交後初めて電話会談したと。

もっぱら長引く経済制裁にイランが根を上げたの図、と思いますが。
日本外交の出番などあったのでしょうか?

No title

おはようございます。

我が国の国益を毀損した鳩山、菅両氏と異なり、安倍総理は外交の基本である「遠交近攻」「敵の敵は味方」等と言う路線に忠実に動いているのでしょう。

安倍総理が、ノーベル平和賞の授与を目標としていると言うブログ主様の御指摘ですが、それもあるでしょう。しかし、自らの信念に基づき、身を削ってでも、日本再建に取り組んでいるのではないでしょうか。

道のりは険しくですが、私たち国民は先行きを暖かく見守りつつ、
吉報に触れたいと思います。
如何でしょうか?

No title

拙再投稿時に、yak*ze*9*9様と連投になりましたが。

外交上の仲介等は、公に報じられていないし、外交機密のベールに覆われているので、米・イランとの電話会談の件については、分かりません。

イランと日本は国交があり、石油等の調達で重要な国です。

とは言え、複雑怪奇な中東情勢に下手に首を突っ込むより、現場レベルとの関わりを持ち続け、石油等の確保を優先した方が良いかも知れません。

No title

私を軍国主義者と呼びたければ呼べと、気炎を上げた総理。
ノーベル平和賞ですか、さて?

中韓がこの発言の部分だけを切り取って、キャンペーンをかけてくるのではないか。

No title

yak*ze*9*9様の御指摘通り、中韓が所謂、安倍発言に対し、ネガティブキャンペーンをかけてくるのは確実でしょう。

尤も、それならチベットやウイグル等の少数民族や国内での人権問題等を抱える中国、ベトナム戦争中の残虐行為等を抱える韓国、それから、両国共通の在外国民による麻薬や売春がらみの各種犯罪、この辺りを日本が付けば良いでしょう。

所謂、某ドラマの「倍返しだ」ではないですが、相手がちょっかいをかけてきたら、何倍にしてやり返す。

そうすれば、彼らも黙るかも知れません。

逆にもっと仕掛けてきたら、徹底抗戦する。
そのくらいの覚悟と決意が必要かも知れません。

まあ、ここまでくれば、泥仕合で、スマートなやり方とは、言えませんが、これまでの日本外交がお上品過ぎたから、現状に至ったかもしれません。

如何でしょうか?

No title

止めたほうがよいです。
事態は我々が考えるよりデリケートです。

「デンマーク王立防衛大学の専門家は、中国が電撃的な軍事行動を取る可能性もあると指摘」

配信元のコメントは、中国は極力戦争を避けようとしているとはいえ、究極的には外交へのダメージをいとわずに強硬策を取る可能性はあると分析しています。

粛々とかつ断固として備える必要はありますが、火遊びをする軽率さは避けなければなりません。

上で引用した記事自体、何かの意図があるといまや考えるべきです。

No title

拙投稿に対し、yak*ze*9*9様からの速やかなる御指摘有難う御座います。

確かに先に述べた対抗手段は低レベルで、とりわけ在外国民の犯罪事例を指摘するのは、その最たる物です。
その一方、中韓両国の反日運動の暴虐ぶりに対し、我が方は何をやっているのかと言う思いもあります。

とは言え、日本が相手と同じ低レベルで、くだらない火遊びをする必要はない。
御指摘通り、両国とは、距離を置き、いざと言うときの備えを行うと言った所でしょう。

諸国間との連携と言った外交的手段も有効でしょうが、中国ならいざ知らず、韓国相手だと、まさか北と手を結ぶわけにもいきませんから。

結局、以前の投稿で出した、距離を取る結論がベストであると、再確認しましたが、しかし、本当に反日運動は嫌な物ですね

No title

いいですか。
基本的なことを確認しておきたいが。

平成23年8月以来、中国艦艇の尖閣海域への領海侵犯は50回を優に超えます。
300キロの波頭を越えて中国が艦隊を派遣してくるには、莫大な費用と人員、設備の動員をかけています。

嫌がらせなどでなく、示威行動の域すらもはや超えているのです。
ああまたか、と思わせているうちに上陸部隊を送り込まれてもなんら不思議ではない。

戦争の危機は、テレビドラマではありません。我々の目の前にある現実です。
私に言わせれば、安倍総理の発言は軽率に過ぎます。中国にいる、約13万人の日本人のことを考えているのか。

中国側が安倍総理の一部発言を切り取って何を仕掛けてくるか、注視すべきです。
外務省は何らかの情報を察知したなら、渡航者に注意喚起をしなければ。
オープン航空券を確保して、第3国へ速やかに出国できるようにと。

古い話ですが、1985年のイラン革命では、日本大使館は200名あまりのイラン在留邦人を放置して、国外脱出。
困り果てたところ、トルコが救援機を出してくれて全員無事出国。

No title

拙投稿に対し、yak*ze*9*9様からの厳しい御指摘有難う御座います。

御指摘通り、確かにもはや嫌がらせや示威行動のレベルを超えているでしょう。

尖閣のみなら、隙を見て送り込んだ数十名のコマンドで、今すぐ占拠可能です。

とは言え、南西諸島や沖縄本島を無力化しない限り、まだ我が方の防衛力が有利な現状では、ある程度の犠牲を覚悟さえすれば、すぐ奪い返す事が可能です。
しかも、尖閣は地籍が狭く、水が悪い為、継続的な補給がない限り、
篭城には不向きです。

となれば、今はまだ我が方に時間があります。
しかし、今から数年~10年後、空母を筆頭にした、彼の国の戦力が我が方を凌駕した時、尖閣どころか、南西諸島や沖縄本島の運命は風前の灯火になるかも知れません。
その時でも、後詰のアメリカがしっかりしてくれれば、五分五分の勝負に持って来れるのですが、先行き不透明で、最悪、独力対応となると…。

相手の行動を甘く見ると、足元を掬われます、その点では、私の考えに甘さが有りました。
ボールは我が方でなく、彼らの手元にあるのですから。

No title

続きます。
大陸からの在留邦人の引き上げは前の戦争で、散々悲劇を味わってきました。
下手をすると、再び同じ事態を味わう羽目になりかねません。
御指摘通り、不穏な動きを察知したら、最悪、何もかも捨てて、脱出するよう手配すべきでしょう。
とは言え、取り残される者が出てきますが、その者の運命は…。

何やら、話を続けていくと、先行きが非常に暗く、現実の厳しさを痛感しました。
政治や外交の場面等での軽はずみな言動は、大火傷や最悪、致命傷に繋がります。
その点、今回の事例は問題でしょう。
また、私の考えの甘さを再認識できた事は良かったです

No title

私の心配が全くの杞憂であり、何をお前はとりこし苦労をしていたのか。
そう大笑いされるなら、何もいうことはありません。

しかし、私には日本の朝野は「一発喰らうまでわからない」のではないかと思われてならないのです。
この国が憂えてなりません。

No title

私の長文かつ、決して論点が十分に整理されていない投稿に対し、
yak*ze*9*9様からの真摯な御返答有難う御座います。

確かに何もなく、事態が推移していけば、それに叶う事は有りません。

とは言え、戦後68年、極楽泰平な世が続き、もはや戦争など、遠い世界の出来事の様に一般社会が考えるのも、無理はないかも知れません。

特に戦争を知らない子供たちの子供と言われた私の世代以下では。

しかし、戦争など関係ないと言って、平和憲法や平和教育の錦の御旗を振っても、ボールは我らでなく、あちら側が持っています。
また、現代の戦いでは、後手を踏むと、そのダメージは計り知れず、最悪、致命傷を負いかねないです。

その点において、私の考えが甘かったですし、yak*ze*9*9様が日本の先行きを憂えているのは、当然でしょう。

No title

続きます。
尤も、リスクを完全に無くす事は出来ませんが、軽減する事はある程度可能です。
それは、この問題に限りませんが、まず防衛を筆頭に政治や外交、経済、歴史など、多くの事を学ぶ事でしょう。
特に過去の歴史は先人の教訓が含まれており、特に重要です。
そうすれば、自ずとより良い道が開けてくるのでないでしょうか。

それでも、いざ鎌倉と言う時は、現実から逃がれようとせず、決意と覚悟を持って、取り掛かるしかないと思います。

最後に私の未熟さのなす所で、論点が不十分で、長文となったことについて、お許し下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ