FC2ブログ

記事一覧

避難生活中に銃所持許可失効

川内村には首都圏から20所帯くらいの人が移り住んでいた。ユニークな家を建てて。
 
昨日、ガソリンスタンドで気の毒な人にあった。
「狩猟監視員」のステッカーを付けた、小型ジープに乗っていたので声を掛けた。
 
千葉から移住して10年。鉄砲が撃ちたく来た人だ。
しかし避難生活中、許可は双葉警察署、どこかに移転している。銃は郡山の銃砲店。
うっかり更新を忘れ、数十万の銃が没収されたと。
 
ワナでやるしかないな、と。
 
そうでなくても、やっかいな3年おきの更新。大体、避難生活中、どこで教習を申請し受講するか、
狩猟免状も同じだ。避難所や避難した家には銃はおけない。
津波で流された人たちも失効だそうだ。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ