fc2ブログ

記事一覧

避難生活中に銃所持許可失効

川内村には首都圏から20所帯くらいの人が移り住んでいた。ユニークな家を建てて。
 
昨日、ガソリンスタンドで気の毒な人にあった。
「狩猟監視員」のステッカーを付けた、小型ジープに乗っていたので声を掛けた。
 
千葉から移住して10年。鉄砲が撃ちたく来た人だ。
しかし避難生活中、許可は双葉警察署、どこかに移転している。銃は郡山の銃砲店。
うっかり更新を忘れ、数十万の銃が没収されたと。
 
ワナでやるしかないな、と。
 
そうでなくても、やっかいな3年おきの更新。大体、避難生活中、どこで教習を申請し受講するか、
狩猟免状も同じだ。避難所や避難した家には銃はおけない。
津波で流された人たちも失効だそうだ。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ