FC2ブログ

記事一覧

映画『ライアンの娘」と密貿易海上受け渡し

1970年、ディビット・リーン監督の映画で、確か70mmだった。

 
昨日から今日にかけての相模湾のコカイン120kg受け渡し失敗で思い出した。
 
20世紀初頭、アイルランド独立の際、多量の武器弾薬を海上受け渡しに失敗し、海岸に打ち上げられ
シーンがクライマックスだ。
 
最近見た「ザ・カウンセラー」(犯罪組織の弁護士と言う意味)の映画もコカインの密輸を巡る話で、
この量はドラム缶4つだから半端でない。
 
言いたいのは現在日本の警備は西にある。
かって成田闘争、西日本や日本海側の警察から人員が成田警護に送られていたときに発生した。
 
だから今、東日本の警備に手を抜いてはいけないと言うことだ。
 
相模湾はボートの所有者、宿泊者、監視カメラなどで推理を働かせば受取人は推定できるだろう。
もう消されているかもしれないが。
スポンサーサイト



コメント

No title

普通は日本海側での取り引きが多い感じですが、今回は裏をかいで太平洋側ですから外国船を調べればよいのですが。それにしても平和ボケした日本、冬の日本海側は出入国自由って感じです。

No title

今晩は。
東西南北様が御指摘の所謂「瀬取り」等の密輸、密出入国ですが、私の手元にある軍事研究誌のバックナンバー等によると、平和ボケした日本とは言え、ホットポイントのオホーツク海、日本海、東シナ海は常時監視体制下にあると言います。

因みに海上自衛隊のP3C哨戒機は、これらのホットポイントを1日2回、太平洋側は1日1回の哨戒飛行を行っており、また、海上保安庁等の監視の目も太平洋側よりも厳しいそうです。

確かに、東西南北様の御指摘通り、問題国から近いこれらのホットポイント(特に日本海、東シナ海方面)は、過去の事例から密輸等の非合法取引の舞台となっているのは、承知の事実です。

しかし、私はいつか、彼の国の海軍力増強や黒社会の動向等から、太平洋側の危険が高まるのは、時間の問題と考えていました。
なぜなら、正面切って監視下にある海域に挑むより、迂回した方がリスクは低いからです。

No title

続きます。
では、対策をどうすれば良いか。
米沿岸警備隊は、米軍と共同して、フロリダ方面で、中南米からの麻薬密輸の摘発等を行っていると聞きます。
法的問題等はあるにしろ、海自、海保も同様の任務を行うべきではないでしょうか?

No title

レーダーなどで船舶の航跡はとってないのでしょうか?
いずれ科学的な方法より、タレこみとか、逃げ込みとかで、当局に
しっぽをつかまれるのではないでしょうか?

No title

拙投稿に対し、ブログ主様の御返答有難う御座います。

今回、コカイン120㎏の受け取りの失敗した様な営利目的と映画ライアンの娘の様な組織の武装目的とでは、事例を分けた方が良いと思います。

両方の場合も外国から来た密輸船と受け取り側との接続にチャーターした漁船を使う事は、少ないでしょう。
幾ら、漁民の弱みを握って、密輸の片棒を担がせても、管理下にある漁協が不振な動きを察知すれば、関係当局に通報するからです。

一方、表向きレジャー目的で、関係のない人間を所有者とした大型のクルーザー等で、遥か彼方の沖合の密輸船とおち合ってから、素知らぬ顔で港に戻って来られると非常に対策が難しくなるでしょう。

また、今回のコカインが国内用か米国等への迂回輸出用かは、不明ですが、どう見ても営利用、だったら、闇の世界で関わる人間は多くなり、そこから、摘発の糸口が掴めます。

一方、武器弾薬は組織の武装目的用が大半です。
自前の輸送手段で一旦、陸揚げに成功し、デポに隠匿されたら、秘密が漏れぬ限り、摘発は至難の業です。

海自、海保と他司法機関の水準は高いが…。

No title

世界税関機構の統計によれば、押収件数の多い国は米国、独、仏、露だそうです。
手口は陸送のほか、空輸が多いと。
海上輸送の摘発件数は比べて少数だが、1回あたりの押収量が多いのが特徴と言われます。

厳しい摘発に関わらず、流通がまるで減っていないのは生産に国家が関わっているからでしょう。
貧困が安易で利益率の莫大な黒い生産に向き、豊かな国へのあくなき浸透を図ります。

No title

ここいらには南米産はスエズ運河とか寄港地があるので、安全なのは
昔のゴールデントライアングルの辺りではないでしょうか。

No title

拙投稿に対し、yak*ze*9*9様からの御指摘有難う御座います。

御指摘の「厳しい摘発に関わらず、流通がまるで減っていないのは生産に国家が関わっているからでしょう。
貧困が安易で利益率の莫大な黒い生産に向き、豊かな国へのあくなき浸透を図ります。 」はその通りです。

北が、事実上、国営で麻薬類の密造や密輸を行っているのは、有名です。また、武器弾薬に至っては秘密作戦用か、ヒズボラへの支援用かは、不明ですが、私の手元にあるイランMODLEXの武器輸出カタログ類によると、刻印の全くないMP-5SMGが、商品としてリストアップされていました。

イラン製無刻印MP-5の用途は金儲けと言うより、秘密作戦か、テロ支援用で、ゲリコマに使われると厄介ですが、麻薬類はもろ金儲けでしょう。

結局、根本的な対策は生産国に於ける貧困の撲滅と国家がらみの場合は、当該国の封じ込めしかなく、それは困難な道のりでしょう。
次善の策としては、受け入れ国での水際作戦等でしかないのでしょうか…。

No title

麻薬の密輸出は、外貨を吸い取り相手国を内部から腐食・弱体化させる二兎を得る作戦です。
国の諜報機関なども、謀略に利用した。

日本も狙われ続けるでしょう。

No title

阿片戦争と同じですね。

No title

イランのMP-5は怖いですね。HKのオリジナルMP-5は高いのがネックですが、安いコピー品が出れば、ゲリコマには最適の武器です。

No title

おはようございます。
拙投稿に対し、ブログ主様並びにyak*ze*9*9様からの御指摘有難う御座います。

国家がらみの麻薬密輸は、単なる金儲けと言うだけでなく、相手国の腐食、弱体化も狙った二兎を得る作戦ですか。

まさに現代に蘇る阿片戦争、現在、中国が麻薬に厳罰で対処しているのは、歴史の苦い教訓でしょう。

日本も麻薬に関しては、厳格に対応していましたが、厳罰化の進むアジア諸国に比べると、最近甘さが出ており、この当たりで、対応を考え直すべきでしょう。
尤も広東で愛知、稲沢市の保守系市議が覚せい剤所持で逮捕された件の詳細は不明ですが、これがセットアップだったら、恐ろしいですが…。

No title

御指摘のイラン製MP-5については、怖さついでに述べるなら、整備性等に難があると言われる3バーストモデルこそ有りませんが、ゲリコマに最適なSDモデルも製造されているのは、事実です。

MODLEXやDIOは、イラン軍需産業の集合体等で、両社のカタログ類によると、無刻印モデルはありましたが、SDモデルは載っていませんでした。

しかし、私がその後、入手したザンガルザルダシインダストリーズ=帝政時代のモサルサシ造兵廠の後身で、イラン製小火器類の製造元。同社の会社案内等では、無刻印やSDモデルがリストアップされていたからです。

因みに、ブログ主様が御指摘通り、イラン製MP-5は価格も安く、97年当時、MODLEXのオファーで、FOBにてUS$500以下でした。

No title

続きます。
中東方面等では、トルコ、パキスタン、サウジアラビア、イランの4ヵ国で、現在MP-5が製造されていますが、治安部隊とゲリコマが同じMP-5で対決し合うと言う事態になり兼ねません。
また、テロリストとて、いつまでも単純で荒っぽいばかりではなく、高度で洗練された作戦を実行するには、MP-5SD、その上無刻印なら、これほど適した道具はないでしょう。

日本にとって、遠い中東世界の話かも知れませんが、石油等の関係から、切っても切れないですし、北とイランはある種の関係にあるのは、事実ですから。
如何でしょうか?

No title

難しいところですね。日本は先進国の中でイランと唯一良い関係を保ってます。アーリア人種の国、なぜにあれほどイスラム原理主義に走るのか・・・

No title

イランはEU諸国と核問題で暫定合意しました。
これだけで、見返りとして42億ドル分の外貨を購入できる。

事の成り行きを北朝鮮、注視していることでしょう。
まあ、彼らは見返りとして借款どころか、無償資金援助を無心してくるのでしょうが。

EUにとってイランの無害化は、大きな市場のチャンスを得ることにもなります。
相互利益が成り立ちうる。イランと北朝鮮の大きく違うところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ