FC2ブログ

記事一覧

中国東シナ海防空識別圏問題、米軍がどう出るか?

これが鍵だと思う。中国は米軍の出方を視ていると考えるのが自然だ。
米軍は沖縄の基地だけでなく、空母や早期警戒機が絶えず、この地区にいる。
 
さてどうなるか。
米軍機に中国空軍がスクランブルして万が一に攻撃しても、10中8,9は撃墜されるだろう。

 
その危機処理がどう行われるか?
自衛隊がどう動くか?
 
中国は東シナ海を世界一危険な近代戦の場にしてしまった。
日本には尖閣国有をその理由に中国擁護論も出ようが。
また沖縄の「平和主義者」の意見も聞きたいものだ。
 
まさに21世紀の「フォークランド」になりつつある。
 
戦闘機同志の衝突はほんの一瞬。
 
それで歴史が変わる。
スポンサーサイト



コメント

No title

日本と中国の防空識別圏が大きく重なるところ。
これがとりもなおさず主戦場になります。

EEZなど複数国が入り乱れている。
雌雄を決するときはいつか。
あるいは例によって一撃喰らって周章狼狽か。

米軍は、攻撃されれば敢然と応戦するでしょうが。
最終的には第2列島弧に退くと思います。

No title

それからが問題、日本は独自に沖縄を、すでに半分の人は中国人になってもよいと考えているようなところを守る必要がある。

No title

おはようございます。
国土交通省は民間航空会社に中国側の動きを伝えたものの、従うか、どうかの判断は示しておらず、万が一の事態を避ける為、既に日航や全日空は中国側の求めに応じ、台湾とホンコン線の定期便について、飛行計画を提出していると言う。

まだ、米国系等の海外の航空会社の動向は不明ですが、これに続けば、日本政府や米軍の考えがどうであれ、事実上、この空域の管制権が中国にあるのを認めたのと同じです。
このような事態を予測できたはずなのに国土交通省は、まったく、何をやっているのだが、また、民間航空会社も同様です。

ただ、気になるのは、「台湾」の動向です。
90年台までと異なり、台湾は既に経済も防衛も、中国に凌駕され、
国内の大陸派の勢力も無視できなくなっています。
しかし、北京の動きに完全に従うかは、疑問だと思いますが…
如何でしょうか?

No title

確かに海域では台湾、日本は漁業交渉を締結させ、台湾は民間が
尖閣日本を認めてしまいましたが、中国はむごい国。民間機の撃墜もありうるでしょう。この際は、中国大使は「民間は関係なし」としているからフライトプランだけで良いのではないでしょうか・・

No title

空域設定からまもなく従います、プランをお送りしますと。
それこそ一歩づつ既成事実を積み上げようとする、中国の思うつぼですが。
徹底してリスクを嫌う日本企業のこと、提出するでしょう。

官僚など平時の手続き論しか、対応はできません。
政治がどうイニシアチブを取るかです。
韓国は拒否しました。

No title

初コメです!(^-^)japaneseweaponsさんのブログって面白いですよね。いつもは見てるだけなんですけど、ついコメント書き込んでしまいました(*´ー`)お恥ずかしながら実は由衣もブログやってるので良かったら見てください(^-^)ちなみに…お友達になれたら嬉しいです(^-^)色々お話したいのでもし良かったらお返事くださいです♪待ってますね(^-^)

No title

光栄です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ