FC2ブログ

記事一覧

パターンテストをやった

散弾銃の散弾は大体30mの距離で1m四方に広がると言われている。
 
クレー射撃ではスキートはそれだけの距離のないターゲットも撃つ。
トラップでは30mをはるかに離れた、ところでも2弾目が当たることもある。
 
その銃のパターンは大丈夫か確かめるのをパターンテストと言う。
 
今回は50mで、100mライフル標的(大きい)を使い、撃ってみた。
 
この画像は裏から見たもので、3号を3発、5号を3発。小さい孔が5号だ。

これは一部だが、12番口径の3号弾には54発、5号弾には86発入っているので、全弾命中するなら4200の孔がなければならないしかし、どう見ても半分。と言うことは50mではかなり拡大してしまうと言うことだろう。
軟鉄弾は鉛より軽い、また風に乗ると案外遠くまで行くし、流れ弾が目に当たると危険だ。
(訂正的は2枚あり、50mで大体80%が当たっていた)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ