FC2ブログ

記事一覧

騒乱の世界と日本

昨日、CNNを視ていた感想だが、世界中良いことは何もないようだ。
 
アフガン、イラク、シリアなどの戦闘に加え、タイ国、エジプト、ラトビア、ウクライナ、新疆地区など
世界各地で、デモ隊と警備が衝突している様子が流れていた。
 
こうみると日本の株高の背景も予測できる。
 
だが日本は近隣諸国との軋轢がかなり深刻だ。
 
もう何か月も前に防衛省幹部の話のなかに「尖閣は有事」と言う言葉を聞いた。

 
国民はまさか、戦闘が起こるとは思って無いが、戦後一発も撃たずきた歴史はすでに70年間に
ちかい。あと5年以内に驚くような変化があることは疑う余地もない。
スポンサーサイト



コメント

No title

5年?、とんでもない。
5ヶ月以内に交戦状態になってもおかしくない。

一触即発の状況です。
中国はもう後へは引けません。
戦略の合理性を無視した行動を取るのではないか。

No title

yak*ze*9*9様が御指摘の「5年?、とんでもない。5ヶ月以内に交戦状態になってもおかしくない。」ですが、彼の国は日本から投資を引き揚げ初めているし、駐日公館が在日中国人の登録を開始しているのが、現状です。

彼等に戦略の合理性を求めても、八百屋で魚を求めるようなものでしょう。
なぜなら、嘗て、共産主義の同胞だったベトナムに対し、懲罰を加えると称して、戦争を吹っ掛けた前科が有りますから。
これが、日本相手なら、懲罰と見せしめの為、最悪、核が登場するかも知れません。

尤も、そうなれば、新WWⅢとまでいかなくても、アジア大戦となり兼ねませんが…。

個人的には、そのような恐ろしい未来を見たく有りません、しかし、幾ら怖がっても、訪れる厳しい現実から逃れる事等、出来ないでしょう。
結局「パラベラム」の意味を噛み締める事しかないかも知れませんが…。

No title

中国共産党を一言で表すと「暴れ牛」でしょうね。
マオ主席のもと国家の体裁が整うや、それまでのスポンサーCCCPと国境紛争、チベットと西域の侵略・併合、支援していたベトナムと国境紛争・・・在日公館のリスト作りは、既に相当数浸透済みの工作員の支援体制作りの為と看做すべきでしょう。
日本からの資金資産引き上げは、国外の不正蓄財発覚=失脚(良くて無一文、最悪死刑)を恐れてか、開戦で日本政府による資産没収を恐れてかではないでしょうか?
日本も早急に、ウイグル族の民族自決運動の支援をしないと、、、

No title

日本の立場は、
主権は守りながら、とにかく穏便に済ませたい。

この微温湯的な立場がいつまで続くか。
どこまでなら我慢するか、です。

ロシアから購入したスホーイ35型は、格闘戦闘に秀でた機体だとのこと。自国の殲20型では、空自のF15Jに劣ると自覚した上でのこと。
スクランブル機としてぶつけてくることでしょう。

いずれ撃って来ます。最初は相手を選んで。

No title

米国務省は29日、中国防空圏を通過する民間機に飛行計画提出求めると。

急展開しました。
かの国から情報を得たのでしょう。
本気である、「撃つ」と。

日本はどうするか。腰砕けに再び、航空各社の判断に丸投げするか。米国には梯子をはずされました。

どうする、日本!

No title

中国の航空機に対してと言う要求と聞きましたが。

No title

「中国が先週末に設定した東シナ海(East China Sea)上空の防空識別圏(ADIZ)に入る米民間航空機は、事前の飛行計画提出を求めた中国側の要求に従うべきだとする見解を示した」(AFP伝)

米国の航空機に対してと言う要求と聞きましたが。

No title

私は米国務省が、中国防空圏を通過する自国の民間航空機に飛行計画の提出を求めた件等について、先ほど仕事を終えてから、NHKニュースで知りました。

yak*ze*9*9様の御指摘通り、米国に見事に梯子を放された訳です。

日本としては、中国本土便は別としても、ホンコン、台湾便に大幅な影響が出る事になります。
恐らく、昭和58年の大韓航空機撃墜事件と同様の事例を恐れ、腰砕け的に航空各社の判断に丸投げする可能性があります。
米国に続けと言う、錦の旗もあるからです。

しかし、そうなると、必然的にこの地域の航空管制権を日本は失い、
その後、尖閣、南西、沖縄と続き、最終的には日本本土に落日が訪れるでしょう。

私が先に述べた通り、アジア大戦のような恐ろしい未来を目にしたくは有りません。
しかし、自国の主権を失いかねない事態をそのままには、出来ません。
結局の所、厳しい現実から逃れられないですから、日本一国だけでも、出来る限りの努力の上、雄々しく立ち向かうしか無いでしょう。

辛くて、厳しく、長い道のりでありますが…。

No title

立派なお覚悟です。

ですがテレビを良く見てください、国際情勢に注意を喚起するナレーションと、相変わらずのしまりのない芸能、スポーツ、グルメの入れ替わり立ち代りです。

報道にたずさわる者達の暗闘が、メディア上でも交錯しているのがなんとなく分かる。

官邸も迷っているでしょう。
「主権は守りながら、とにかく穏便に済ませたい。」と。

No title

確かにyak*ze*9*9様の御指摘通り、テレビを見ていると、国際情勢の注意喚起としまりのない各種番組が入れ替わっているのは、その通りです。

しかし、職場で、昼休み中に休憩室で手にした女性週刊誌に目を通し、驚愕しました。

相変わらずの「韓流」、これはいいでしょう。
根強いファンは多いですから、特に中高年の女性看護師には…

しかし、この御時世にも関わらず「特定秘密保護法」反対、しかもその理由は、ママ友と放射能の調査をしたら、違法となる等の噴飯物で有りました。

女性、それも中高年齢層に感情交じりの働きかけを行う。
この層を敵に回すと非常に厄介で、実に上手いやり口、敵ながら天晴です。

ただし、我が方は心しなければ、足元を見事に掬われ、そして、相手の軍門に下る事となるでしょう。

しかも、相手方は出来る限り、自分を有利にしたい、その為には、どのような汚い手段でも使う相手でも有ります。

官邸に迷いはあれど、結局の所、私たちは出来る限りの努力の上、雄々しく立ち向かう覚悟を持たなくてはならないでしょう。
辛くて、厳しく、長い道のりで、しんどいですが…。

No title

大衆の反応は、
ふーん、困ったねぇ。
という程度でしょう。遠い島嶼の出来事と。

政府は引き続き航空各社に、計画書を中国に提出しないよう「要請」すると。
防空識別圏(ADIZ)に進入する航空機が、計画書を宣言国に提出する義務は国際法上ありません。領空ではないのですから。

その上でなお米国がこれに従うとなると、日本政府の悩みは深いでしょう。

No title

問題は、米国の軍用機がどういう対応をするかでしょう。
識別圏に入らなくなれば、支那から何らかの譲歩があったと
看做すのが適当でしょう。
あとは、海自のP3Cをあちらの識別圏に入らせ、スクランブル掛けさせて、先のあちらの飛行機よろしくのらりくらりとこちらの「領空」まで引きずり込んで、イーグルで取り囲んで拿捕するくらいの意気込みで臨んで欲しいものです。

No title

二国間では解決不可能です。

領有権問題が絡んでいるので、どれだけ話し合っても退け退かないで平行線。
このままでは戦争まで行かなくても、紛争(コンフリクト)になります。

頼みは第3国の仲介、アメリカですが。
今週バイデン副大統領が日本、中国を歴訪するので政府としては中国への厳重な抗議を、期待しているところでしょう。

さてアメリカの対応は?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ