FC2ブログ

記事一覧

インターナショナルスクール

このあたり、子供は増えているのか減っているのか良くわからない。
少なくとも私が子供のころは2部受業寸前までだった。子供たちの時代になり余裕が
出た。
 
外国人は幾つかの小規模なインターナショナルスクールに行っている。
朝、バスが大通りを何種類か走っている。ドイツは大田区、フランスは文京区、アメリカは世田谷と、
この近所にひとつ、そしてもうひとつ移転してきた。
 
通りを曲がると子供が出て来ないかと、車の速度を極端に落としたがその心配はない。
子供は外にでることは先生と一緒しかない。バスの乗り降りも中で行い、送り迎えもない。

白人が7割くらいで、英語で行っている。良く出来ているが狭いのが難点だ。
 
左が体育館、奥にエル字型に校舎がある。右の暗い建物は学校の真ん中に残った歯科医院。
 
お行儀は良いし、先生も多い。
東京も国際化が進めばこのような施設は必要になるが、反日教育は行って無い雰囲気だ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ