FC2ブログ

記事一覧

日本は沖縄は良い正月を迎えられる

沖縄の基地問題は、鳩山第五列がぶち壊して、はや4年間。
中国はどんどんとその間に勢力を拡大してきた。
 
仲井真弘多知事81歳は先週、東京に出てきて今年の始めに手術したこともあり、体調すぐれず
そのまま沖縄に帰らなかった。
 
本日、安倍総理から基地問題解決、普天間の辺野古への移転、その条件を聞いて、「これで良い
正月が迎えられる」と返事した。
 
本当に難しい問題だと思う。
私は岩国がKC130空中給油機の中隊十数機を引き受けた事、4発だから大きい、それに全国で
あちこちでオスプレー訓練を引き受けたことが背後にある大きな解決策であると感じた。
 
日本はまとまればやれる。
 
何とか、2-3年のうちに中国を逆転し(今もそう負けてはいないのだが
メディアがそういう風潮を作る)反日の韓国はともかくとして、アジアの平和に主導権を取れると
確信する。

スポンサーサイト



コメント

No title

仲井真は薄々知っているのでしょう。

沖縄を再び「鉄の暴風」が見舞う。
「ポイント・オブ・ノーリターン」に、進みつつあることを。

一地方自治体とはいえ、沖縄は国の狭間で難しい位置に立たされます。
この島の知事など、心労が重なり健康を損ねる。

No title

考えてみれば地政学的存在と言うのは運命で、自分ではどうもできません。闘いが始まれば沖縄は真っ先に攻撃されます。

No title

辺野古の承認は普天間の県外移転をぶち上げていた彼の「後退」であると、県内から批判を浴びることは必定ですが。

条件闘争で充分果実は取った。
転んでも只では起きないと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ