FC2ブログ

記事一覧

朝日新聞を喜ばせたが行って良かった安倍さんの靖国

どこの国がどうしたと鬼の首を取ったように朝日新聞は書いているが、オリジナルを見ると
大したことはない。欧州などでは「靖国」とは、なぜ中韓が嫌がるかの理解がないから
記事の転載だ。私も中国は戦犯を批難したから、合祀に反対していたことは理解できるが、
韓国の事情は分からない。韓国は連合国からは枢軸国とみられていたのに。少なくとも戦勝国
ではない。勘違いしている。
 
国のリーダーに迷いがあってはいけない。安倍さんは行った以上、これからやることはあるはずだ。
 
米国の批難と言うのも大使館の声明、これは国務省の管轄だ。
国防省は前日基地問題が解決の方向に向い、またオスプレ訓練、KC-130中隊の岩国移転などと
特定秘密保護法案(F-35生産の前提)などを肯定的に見ているから意見は違う。

 
昼は外交研究会の昼食会があり(上の画像)、午後、クラブで米人ふたりから質問を受けた。
逆質問で「貴方達は毎週、靖国に行って、ここから10分間の距離だし、どういう様子か
見てきたら?」と言った。ダン・ジューローはブロンクス生まれ、もう一人はユダヤ系の
ジャーナリストで失礼な奴だつたが、2人とも本当は何の仕事か分からない、当たり障りのない
いい加減な話しかしなかった。
スポンサーサイト



コメント

No title

中国がデモをやらさない理由は理解できます。反日デモがいつ、何かの表紙に反政府デモに矛先が向くか分からないからです。
指導者は薄氷の上にいるようにみえます。

No title

参拝は党内右派、保守支持基盤への配慮という内向きの理由だったようで。
米国の反応に、一喜一憂右往左往するのがみっともない。
予想外の反応だったとしても、米政権内に多様な受け止めがあると知っているなら、ドンと構えておればよい。

中国はもはや、官製デモなどやらないか、デモを操ったとしても合わせて国レベルで対抗してくるでしょう。

No title

そうです。誰が何と言おうが、ドンと構え、やることを次々こなす、
これがリーダーの生き方だ。

No title

この時期 安倍さんは良くやった 誰がなんと言おうと
靖国参拝は正論です 胸を張って 動じないことが一番

No title

日米防衛相の電話会談が中止されたとのこと。
米政府の不快感の表れだそうです。

結構ではないか。
習近平はほくそ笑んでいるであろうが、日本という船は新たな方向へすでにかじを切った。

ちなみにインド、東南アジアのニュースサイトは「いいことだ」「日本の国内問題、中国こそ危険」という読者のコメントが続いていると。

日本が米国から「独立」して、アジア自由主義国の盟主になる素地はあります。
靖国そのものは、もはやさしたる問題ではありません。

No title

他国の国内の事項を批難する、それを真に受ける、こういう弱さはもう終わりにしよう。

No title

欧米系のメディアは、安倍参拝の非難合唱です。
日本の変化に暗に期待している、アジアのオピニオンと対象をなしました。

大通信社の日本特派員など、所詮欧米中心の歴史観しか持たぬ、ろくな者ではない。

No title

共同、時事も他人のおかげで生きている、左翼崩れですから。
信用してはいけません。日本は少し右傾しなければいけません。
こんなに共産党が強い先進国はありません。核マル、中核は共産党も
否定するほど左。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ