FC2ブログ

記事一覧

いろいろあったが無事故だった

まだ明日があるから分からないが、運動して戻ったら、チビ達が来ていた。
 
兄にノコギリと釘の打ち方を教えた。妻は大晦日から正月の支度。
 
濡れ縁で、薄い板を切り、鳥の巣箱の建設に入った。
 
都会の真ん中で入るかどうかは分からないが、小鳥は雀、メジロ、近く河川からくるのかのセキレイの仲間、
何種かいる。
 
建物がビル化して鳥が巣を作る場所がない。そういうことを説明した。
 
孔は十円玉より一回り大きいくらい、「こんなので良いのと」妻や娘は言うが、そうなのだ。
 
小鳥は小さな孔から入る

車、自転車、釣り、猟、射撃、ボクシング、肩は痛めたが、、病気もせず、無事故だったのは何よりだった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ