FC2ブログ

記事一覧

海上自衛隊奢るなと言う意見

東シナ海で衝突が起きれば、海自は相手に損害を与えるが、中国海軍をあなどるなかれ、と言う意見が
テレビ、雑誌、などで言われている。

 
どうして初戦を勝利するのかその具体的な内容はあまり説明がない。
日清戦争の例からか。いや多分練度を言っているのだろう。
 
日本も中国も朝鮮半島ももう何十年も実戦はしたことがない。
 
だから尖閣領海に中国海警が頻繁に侵犯してくる、背後には中国海軍がいる。
日本も同じだ。ぐるっと海上自衛隊が囲んでいる。
 
まあ始まるとすれば潜水艦だろうが。
 
日中両政府はここまで来たら、偶発事案に対する、対話ルートとその鉾の納め方を日頃から
話合うルートを確立して置かねばならない。清国のように今の体制が崩壊したら気の毒だ。
 
中国第五列の沖縄作戦もどうやら中途半端に終わったようだし。
スポンサーサイト



コメント

No title

海戦は、ほぼ艦船の戦闘力どおりに決着するので。
リムパック等、数々の訓練をスーパーパワーである米海軍とくぐって来た海自が、負けるわけがない。
そういわれておりますが。

むしろ「勝ちすぎた」後、事後がどうなるかが問題で。
水平エスカレーションを抑止する手立ては重要です。

No title

その通りです。海戦、空戦で大勝利でも、核ミサイルを撃ち込まれる
可能性があります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ