fc2ブログ

記事一覧

『韓国と妥協する』許せない意見

昨日はW先生の「外交研究会」があった。
アメリカの大統領選挙、オバマがどう勝ったか(彼が何も出来ない今はそんなことを聞いてもあまり
感じるものはないが)がテーマだった。
 
多分、アメリカ生活の経験は私の方がはるかに長く、深いものがあっただろう。分析に納得できぬ
ところも多い。
 
最後にここだけ日米の繋がりを良好化するに、「靖国問題」、中国はあまり問題にならぬだろう。
問題は韓国だ。安倍首相が韓国にもう靖国にいかぬと、妥協すると言う結論だった。
 
私は反論した。
「靖国は日本人の心の問題であり、愚鈍で狭量な国に具体的に何を現在、妥協する必要が
あるのか?」,と。「いや米国との問題で」と応えるが理屈に合わない。
大体、第二次大戦中、朝鮮半島は大日本帝国であり、国際的には枢軸地域だった。それで産業、
農業も潤った。その後の発展は1965年に日韓基本条約にあるではないか。
日本と韓国、理論、理屈が通らない、例えばマッカサーが定義した「第三国人」現在生活保護など
問題が多いがそれらの解決も必要になろうと感じた。

スポンサーサイト



コメント

No title

『韓国と妥協する』
今までその繰り返しでした。

相手側は国民に日本は屈服した、詫びたと説明して。
日本側は、おもに経済援助を黙って差し出し、または在日に実質的な特恵を与えた。
世論もさして関心を払わず、というよりあえて直視せず、ずるずると妥協を重ねてきたのです。

いまや経済も社会も、そのゆとりはない。世論もいいかげん目覚めてきたのではないですか。

『韓国と対決する』
負の関係に終止符を打つべきです。

No title

いやその通りです。韓国に妥協することなど何もない。確かに米国は
国務省副長官が来て、韓国と仲良くしてくれと言ったが、オバマ政権はもう国際的に大きな問題を仕切れる力は無い。日本は独自の平和主義を確立すべきだ。

No title

まず朝鮮戦争で締結した、古文書のような国連軍地位協定を破棄する。
韓国は見捨てる、次の動乱は介入しない。
そういうメッセージを発することです。

そうしないと、集団的自衛権を発動する限り、引きずり込まれてしまうという理屈になる。
米国の意向にも逆らうことになるので、結局は決断できないでしょう。

No title

私の言いたいのもその点です。集団的自衛権、対中国と対朝鮮半島があります。歴史をみると発端は朝鮮半島です。ここをうまく切り抜ける、方法を入れて置くべきです。兵器の発達で、朝鮮半島まで来られても、その奥を攻撃する手段は沢山あります。攻撃型潜水艦の建造は
必要です。数年は掛かりますから。

No title

日米安保も破棄して、仏から原潜を買うぞと。

日本が水面下ルートで臭わせれば、米の軍産複合体が猛烈に動き出します。
日本に売る米国製原潜を、NPT核不拡散の例外とせよと。

それともあっさりと、どうぞと言うかも。しれませぬ

No title

米国は国務省(外務省)と国防省の見解は歴史的に長く異なります。
大統領が仕切ってきたわけです。国防省は日本と直接闘い多くの犠牲を出したにも関わらず、戦後も一貫して知日、親日です。ルメイみたいな人もいたが、東郷神社、明治神宮に個人的に寄付をした軍人もいました。

No title

攻撃型原僭は日本にとって必要な兵器です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ