FC2ブログ

記事一覧

放射性破棄物仮保菅場問題

昨日は晴れてはいたがとても寒かった。家も冷え切っていた。しかし星は綺麗だった。
 
今日は暖かく、外にいても全然気にならない。
午後、市の放射能被害対策室の人が来た。住民全員に意見を聞くのだ。
 
この問題に関してはエゴは通じない。空港、基地などと同じだ。嫌なら引っ越す。
そういうことで最初から賛成だと言った。
 
計画があるならそれに従うべきだ。
 
この保菅場だけでも相当な計画で、除染で出たひとつ2万円の袋に入っている破棄物、ほとんどが
土だを重ねておくが、地面、壁、屋根まできちんとする。
 
昨日中に隣近所とは話をしておいたから私の考えは彼らの問題にならない。結果、市の担当者は
大変、立派な人だった。すでに退職したが、再雇用されたそうだ。近所の住民は最低だった。
田圃をやらなくても金が入るからだ。
 
空気、水、地面全て汚染されたと巷では言うが、本当に汚染されたのは「人間の心」だ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ