FC2ブログ

記事一覧

帝国日本軍のアーミーナイフ

帝国陸軍はこのような刃長が5cmくらいで缶切りだけがついたアーミーナイフを個人に支給していた。
大きなものは銃剣で切ったようだ。
銃剣には刃を付けてなかったというのは間違いで、米軍が日本軍捕虜に銃剣の手入れをやらせていた
図に全体を大きな研石で研いでいたのがあり、戦場で鹵閣されたものは少なくとも全体の3分の2には
鋭い。

 
このナイフは、小刀と呼ばれ、関、三条などの中小製造会社の刻印が押されている。
 
他の装備品と同じく、日中戦争のころはややカーキ、太平洋に移動すると緑かかった色になっている。
恐らく日露戦争頃から使われて来たものではないか?
 
帝国海軍陸戦隊はもう少し大型の木柄のものだったとのことだ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ