fc2ブログ

記事一覧

ダイオウイカと地殻変動

ダイオウイカは帆船時代より伝説の深海動物「クラーケン」と呼ばれ恐れられた。
マッコウクジラと闘う図などを子供のころ少年雑誌で見た記憶がある。
 
死体が打ち上げられて、その巨大さは本当のものと古くより確認され、NHKが撮った映像では
全長7m、大きなものは18mにもなるそうだ。
グロテスクで気持ちが悪い。

 
日本近海では小笠原付近の深海に生息するが、最近日本海、富山湾などは相当深いらしい
ところでも発見されて、一種のブームだ。保存され展示され人気があるそうだ。
 
このような今まであまり注目されていなかった深いところ(調べたが何mくらいか書いてない)
恐らく1000mとかもっと深いところに生息しているのだろう。
 
そういうところから頻繁に出てくるのは日本列島の地殻が変動している証拠ではないか?
聞いても理解できない、プレートの跳ね上がり、太平洋側で起これば日本海側でも何かの変化が
あるはずだ。
 
科学は想像力だ。誰かその因果関係を説明できるものはいないのか?膨大な予算を使いながら。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ