FC2ブログ

記事一覧

エンフィールド銃が「ピン打ち式」の登録

古式銃には登録証が付いている。
 
このミニエ式、エンフィールド銃は登録証通りの寸法、口径である。
しかし「菅打ち式」ではなく、「ピン打ち式」とある。

 
最近、手に入れたので、登録県に所有者変更届けを出して、菅打ち式の間違いであり、
審査員が銃を理解していないのではないかと書いておいた。
 
なぜならこの県は小県で、登録銃は2000ほどだが、ピン打ち式が41挺も存在する。
日本の幕末輸入されたピン打ち式はルフォショ拳銃に代表されるが、長モノは聞いた
ことはない。
 
事務連絡と言う手紙が来て「東京都教育委員会の呼び出しに応じて現物確認をすること」との
紋切なものだった。
 
文化庁、登録制度への切り込みとしては良い材料になろう。
スポンサーサイト



コメント

No title

なぜ「余計なこと」を言ってくるのか。といわんばかりですな。
間違いで申し訳ありません、というべきだが。

再交付手数料5千円は支払う必要なし、ですな。

No title

電話で確認しました。丁寧でしたが、ご担当は何も知識もないようで当惑してました。この審査員はとっくに引退か死んだ、ような感じでしたが。文化庁が怠けてますね。

No title

昨日は元警察副所長と懇親、銃器の知識は御上とはいえ、大変低く、その形をしていれば全て取り締まるレベルの感覚のものが多いそうです。私が行けば、トップの専門家になれますねと笑いながら 一献

No title

射撃部の学生、自衛隊出身、などが競技射撃に進むのが少ないのは
広義な銃砲、歴史、安全性などを説明してないからと考えます。
協会の責任も重いが。

No title

学連の若者は就職すると射撃どころではなくなり。
継続的なトレーニングを怠ると、すぐにさび付いてしまうのが射撃技術で。

中年に差し掛かってから再度始める人もいたが。
昨今の規制強化で、もはや終わった競技かもしれません。

古式銃砲のほうは、所氏の編集した手引書が、漏れなく各県に配られているので。
登録審査員のやる気と、県教委の審査員への研修機会の提供如何だと思います。

主殿、この際「古式銃砲審査研修」講師のボランティアを、買って出ては如何?

No title

古いものはYさまがご存知のように見る目です。つまり知識+鑑識眼 とでも言いますか。二重に登録したり、ジャンクの登録証を利用して あらものを製作したり、ある程度、「知っているぞ」と言う態度を 関係者は示さないと、後に大変なことになります。その点、刀剣は 見る目のある人たちが多いので安心ですが。

No title

今月元込め式の同様の古式銃を観ましたが、銃身に旋条が無く、ハンマーの前に蝶番のように左側を持ち上げて銃弾を込める形式でした。幕末頃にピン打ち元込めに改造した銃と思いましたが、正式な銃の名前は失念しましたが登録証は管打ちだったと思います。
、照準の梯子が抜け落ちてましたので見るだけにしました。※ピン打ち元込め式でしたので12号??の猟銃用の実弾が使える話でした。
※しかし、どう見ても火薬を入れたら破裂し手まで吹き飛びそうな錆付いた銃にも登録証が付いてたのは笑ってしまいました。

No title

>刀剣は 見る目のある人たちが多いので安心ですが。

実態は、あまりほめられたものではないようです。
所有者不明、二重登録、現物の入れ替わり等等の管理上の問題。
業者との馴れ合い、癒着。

日本刀は、マルボウの人たちも抗争には使わなくなり。
社会治安上あまり影響力はなくなりましたが、銃砲は違います。

今後、古式銃砲が犯罪に使われたなら、公安は黙っては居ないのではないですか。
審査員の諸氏も「刀剣登録審査員」ではなく、その前に「銃砲」がつく重みを自覚すべきでしょう。

No title

>刀剣は 見る目のある人たちが多いので安心ですが。
でも、一般には危ない・危険とみる人が多いですが。 駄物・安物の刀剣類はヤフオクに満載されてますし誰でも購入可能じゃないですか? どう見ても目にある人の入札じゃないですよ。刀剣類・古式銃にしても持つ人の美的センス・人格・人間性によるものじゃないですか。
位のある刀剣は美術工芸品として価格面などから高価ですが、古式銃では基本的に火縄銃以外は工業生産品でしょう。インテリア使用ならば朽ちた銃でも良いですが、どうせ持つならば状態の良いピンからキリまである中でピンを所有したいです。※火薬の使用も古式演武などでの使用も厳しいようですよ。

No title

古式演武は一段と厳しくなるでしょう。

No title

県では記載間違いが明白になれば、新登録証は無料だそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ