FC2ブログ

記事一覧

先輩も熱心に話を聞く

中国も北もミサイルの照準は我々がこの時いたところスポットにあてていたはずだ。
 
3年半前に、米軍の航空司令部に、府中、ここから15kmのところにあった航空自衛隊の
司令部を、隣り合わせにした。
 
当然の聞くまでもない。
有事の際、コミニケーションが乱れることなく、走って行っても、お互いに作戦を確認し運営
できるからだ。
 
思えばこのころから日本近海の空は怪しくなっていたのだろう。
歴史はあとでその時の疑問の回答が出ると言う点が、面白い。

 
先輩もこういう話は好きだ。熱心に聞いていた。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ