FC2ブログ

記事一覧

母が絶対に言ってはいけない言葉

人質になっている男の母親が出てきて「息子を助けて下さい」と言うシーン、午後から
何回も観て、へどが出そうだ。

自分から保険も掛けて敵地に乗り込んだリスク。
日本国にどれだけ迷惑を掛けていると思うのか。NHKの設定だ。
 
もうひとりの薄ら馬鹿はどうでも良い。
 
人間の命が砂一握りより軽いところは世界に幾らでもあると言うことが認識できてない、平和ボケ。
テレビ局の影響だろうが。
 
スティーブン・シガール「沈黙の砂」にでも依頼したらどうか?
スポンサーサイト



コメント

No title

2億ドルの支援を中止し、人質を救出しろという、国会議員もいれば。

世界平和の為に頑張ります、と。
のたもうて、会見場を後にするこの女性は、満面の笑顔だった。

あと数時間で、息子が殺されるかもしれないという状況で。
これが、戦後日本人の一類型か。
まあ、みなさんこの騒ぎはもうおしまい、なかったことにしては。

中東がらみでは、イエメンでクーデターが発生し、国ごと原理主義勢力の手に落ちました。

憂鬱なことに、イエメン軍の装備していたロシア製の対艦ミサイル艇や短距離弾道ミサイル、地対空ミサイルなどの多数の誘導・大量破壊兵器が、そっくりイスラーム武装勢力に拡散する恐れがあると。

アラビア半島のタンカー航路はイエメンから離れてはいるものの、対艦ミサイルなど十分な脅威である。

我が国の国家級危機としては、こちらのほうがより深刻で。
「業界関係者」の騒ぎを追うばかりでなく、しっかり報道してはどうか。

No title

既にISISは、陸戦装備のみならず、シリア空軍から、鹵獲したMig-21,Mig-23と言った航空戦力すら、運用しています。
その上に、彼らにイエメン由来の露製誘導・大量破壊兵器の類が手に入れば、短期決戦と割り切るなら、それ程の問題も生じません。

また、この場合案ずるべきなのは、これ等誘導・大量破壊
兵器と共に沈黙の死神=機雷の存在かと。
先に述べましたが、機雷は費用対効果が抜群です。

ISISが、ペルシャ湾・ホルムズ海峡で、誘導・大量破壊兵器+
機雷のハイブリット攻撃を行えば、恐ろしいインパクトを世
界に与えるでしょう。

その場合、日本が何も関与しないのは、無理です。
極めて高度の掃海能力とイージス艦等の優良装備を持つ、
わが海自の役割は大きいのですから。

後は政治の決断と任務に就く隊員の皆様方を如何に支援する事
事かと…。

No title

旧イエメン軍、空中投下の機雷敷設装備は、持っておらぬようですが。

ウィーキぺディアの情報では、同海軍はロシア製159型警備艦(NATO名称、ペチャ級フリゲート)を保有していました。違う情報ではコルベット1隻のみだとも。
ペチャ級だとすると、標準兵装のなかには機雷20発が。

さらに憂鬱なことには、保有する陸上発射の戦術ミサイルは、SS-21です。
射程距離は100~120km、半数命中界が160mと高く、5分で発射できる。
スカッドより厄介な隠密性・奇襲性の高い手合いで、相当数砂漠に温存されているとも。

サウジは海の難所ホルムズ海峡を介さず、原油をインド洋方面に積み出すため、オマーンまでパイプラインを作る計画を進めています。
国境定かでない砂漠を通る長大なパイプラインは、周辺警備を厳にしてなおSS-21の格好の標的。

原発の稼働停止で、依然エネルギー源と頼む不安定の中東には、こんな脅威がごろごろしています。
支離滅裂な言動の画像の母君らが、反原発運動などしている場合か。

No title

この馬鹿女に馬鹿息子あり、ISに求めるのは早く、終わらせてくれと言うこと。日本のメディアには8000km離れていてもこれだけ
深刻な事態になる。近隣地域ならどうだ。それと海自の出動を具体的に考え、日本はぶれない、ことです。歴史認識んはないが、日本でも最近まで断首はやってましたし。

No title

私の父は、朝鮮半島で三角旗を付けた車に乗っていた高級軍人と。
三国系だといいたいのか、ほとんど意味不明に語るに落ちた馬鹿母はもはやどうでもよいが。

サウジアラビアは世襲の代替わりで。後継者の統治能力は未確定。
混乱に乗じてオイルロードに攻撃が加えられたら。

低迷の原油価格は、反騰。
値動きに乗じるのが上手い、「あの人たち」がまた儲けます。

No title

三国系と言うことは多いに推察できます。

No title

助けてと言うならなぜ引き止めなかったんでしょう。
ビジネスでいったんだからね 230億もあれば何百人も助けられる
ほっておけばいい。

No title

和製PMCの人質の殺害声明が出たと。画像は合成されていたそうなので、とうに殺されていたのかもしれませぬ。
これでまた新聞テレビは、終日大騒ぎで。

自己責任論は大間違いだのと、得意中の得意の詭弁能弁が大手を振り。
事実上テロリストの手先をする者が、自分が仲介するなどと、頼まれもしない名乗りを上げている。

日本旅券を行使せず、正式に隣国のイミグレーションを通らずして自ら紛争国に入った以上、もはや母国の庇護はなし。

この単純な法と理がなぜわからぬ。

No title

中東だけでなく、世界はどこもかしも厳しい現実が待ち受けています。日本のメディアは彼らを利用して番組を作る、そんなことしか考えてません。

No title

「保護の対象たる国民ではない」という話も出てきましたし、
「人道支援予算を身代金にしろ」なんて言ってる太郎は論外ですし、
「良い子だから助けて」会見も、妻子をさておき母親が自ら連絡・設定してまで言うことなのだろうか?という疑問しか覚えません。
パトロールの注意を無視してコース外で雪崩に巻き込まれても、
台風で大荒れの海に漕ぎ出して転覆しても「事故責任」です。
自称交渉可能な者など売名でしかありえません。
マスコミは「救出成功会見」まで一切無視。
取り上げてはダメです。

No title

日本の中東政策も、変更を迫られるなどと言っています。
変更を迫っているのは誰で、どうしたいというのか。

我が国は1970年代の石油危機以来、中東の産油国や周辺国まで含めて付き合いを大切にしてきました。

経済援助、人道援助という国富も大いにつぎ込んだ。
それを胡散霧消させようとしているのは、誰であるか。

No title

「正義」を報道するというフリージャーナリストの存在、行動、昨年、撃たれた女性は同僚の確信犯です。自己責任以外何もないし、国に多大の迷惑を掛けている。それを美談として報道する。何かがおかしい。

No title

今晩は、チャイカです。
今回の事例で湯川氏と後藤氏は、外務省の勧告に反し、
国禁を犯して、かの地で事件に巻き込まれた訳です。

理由等は有れど、本邦のみならず、関連各国に多大なる迷惑
を掛けた訳です。

最早、彼らの運命は風前の塵でしょうが。

それよりも、これからです。

故松井 茂氏は、日本が、米ソ(当時)等と異なり、中東世界、特に庶民層で、好意的で有ったのは、歴史的に敵対関係ではなく、下らぬ口出しや武器類を売りつけて、内部を荒らさなかった事。
そして、優れた日本製品を持ち込む事等で、彼らの生活が便利になったからだと言う。
勿論、日本はその対価として、石油の手当て等を行っていた訳です。
両者は立場は違えど、ある意味ウィンウィンだったのです。
彼らの愚行等が、この関係に…。

尤も、日本としては、テロは論外で、欧米諸国と足を揃え
ざるを得ません。
しかし、今回の下らぬ事件等で、中東世界の庶民層に、彼らの敵、
白人の手先だと思われる様になれば…。

なぜ、マスコミ等は両氏だけでなく、今後について、述べぬのか。

No title

今回のメディアの対応は酷かった。NHKは処分がでるでしょう。
チャイカさんの歴史的な考察は正しいと思います。余計なこと、白人の手先でないこと、これを中東に日本は意識づけてきたのです。
今回の事件で全てパー。特に朝のオバマ大統領など首脳クラスがそろって、日本に気づかいしたのは余計なお世話でした。

No title

件の母君いう高級軍人
朝鮮軍管区直轄馬山重砲兵連隊補充隊、石堂燦二中佐としてお名前が確認できるそうです。

内地人であったか鮮人であったか知らぬが、陸士第33期卒と。
大正10年卒業・任官で中佐だと、陸大出かどうかはわからぬが立派なお方であったと推察する。

しかし娘、孫のこの行状には、さぞ泉下でお嘆きであろう。

No title

帝国陸軍砲兵大佐の孫があのざまでは本当に情けない。ガードに飛びかかり、撃たれて死んだら日本人であろうが。

No title

当時は朝鮮半島人であっても、立派な大日本帝国臣民。
天皇の赤子として、士官学校にも陸軍大学にも進んだ。

洪思翊のように、中将まで登りつめた人物もいたが。
戦犯に問われマニラで没した。韓国では親日派として糾弾の対象。

No title

短い期間であったが教育が功を奏していたのでしょう。韓国人は
誇りをすてたら本当に崩壊です。

No title

3歳の時離婚して 真剣は現在の父親 今回も実父が留めるのを聴かずテレビ出演 裏に左翼 9条と脱原発を訴えるのに利用しただけの
国賊です まあ 成功しましたが 馬鹿な国民が気が付いているかどうかです 今の実親はまともです

No title

そういうことですか。私はゴートークンは帰って来ないほうを希望します。残酷なようだが、そのあとのメディアの扱いが怖い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ