FC2ブログ

記事一覧

ヨルダンにこれ以上の迷惑を掛けるなゴトー君誘拐

ゴトー君がどういう人か、知らない。

どんなに良い人であり、生まれた子供の顔を見てない、東北震災で命の大切さを
語った、などなど美談は山ほどある方だ。

しかし、国会では重要な予算審議が行われている。

またヨルダンは中東のなかでは安定しているとは言え産業もない、物流も不便な
貧しい国だ。


パイロットの問題、その他囚人を釈放しろと、イスラムテロ組織はめちゃくちゃを言い
だした。

日本はたった一人のフリーrランスジャーナリストのために先進諸国からの評価も変わって来た。
なによりもヨルダンの安定が揺らいでは元も子もない。

これ以上ヨルダンに迷惑を掛けるわけにはいけないだろう。
メディアは論理を述べるのが仕事ではないか?エモーションではない。
スポンサーサイト



コメント

No title

「テロに屈しない」とはなんだったのでしょうかね。

人質、人質とマスコミがこぞって大騒ぎし、挙句に総理の責任論まで言いつのる狂騒になった。

片々たる個人が報道人と名がつけば、日本が数十年かけて築いてきた中東との友好を揺るがしたうえ、ヨルダンには大きな借りを作ったことには、何の思いもいたらず。

No title

今晩は、チャイカです。
残念ながら、政府の出来る事は乏しいです。
非道外道な犯罪者集団の要求は論外であり、湯川氏と後藤氏の
愚行によって、多大なご迷惑を掛けた関係各国に頭を下げ、人
質の救い出しを頼むしか…。

だからと言ってマスコミ等による総理の責任論他は、論外です。
外務省は勧告を出し、かの地に立ち入れぬ様、警告していました
から…。

しかし、もっと酷いのは、官邸前のディスコデモとやらで、
缶ビール片手の男性と笑っている福島女史らの存在です。

彼女らとて、人の子だろうに、一体、何をしたいの
だろうか?

この様な愚行で、果たして何が到来するのか。

それよりも、今後の有り方を考えたり、ISISによって非業の死
を遂げた人々や祖国と王室の為に戦い、武運尽きて、囚われの
身となったヨルダン空軍パイロット達の事を静かに祈る事も出
来ぬ程、マスコミ等は落ちぶれたのだろうか?

寂しい限りですよ。

No title

「愚行」良い言葉です。日本は石油危機のときから、中東各国、
イスラエル、イラン、などとも友好関係をえいえいと築き、信頼を得たおります。日本のメディア、金を出し、フリージャーナリストやらを危険なところに行かせた、その罪と先日の朝日慰安婦嘘記事から続いて、国民は日本メディアから離れて行きます。優秀な人間もいないのでしょう。業界には。

No title

事実を直視すれば、軽率な個人行動が国益を損なった。
それに尽きるのですが。

洪水のような、人命を救えという報道が、やむなしという「空気」を醸成してしまいました。
世論は、メディアの大衆操作にかくも無抵抗とは。

直前まで、人質交換に反対すると米国報道官は、メッセージを発していましたが。ろくに連携せず、制止を無視して事を進めた。

事が成功裏に終わり、各国の指導者らが言葉上は祝いを述べることになろうと。
内心は、激しく軽蔑されるでしょう。

日本は不法な脅しに、すぐ転ぶ奴らだと。

No title

確かにy様が述べられる様に、今回、個人の愚行が、国益を
損ねました。

過去にも、クアラルンプールとダッカ事件が有ります。
その際の日本の対応は、多大な禍根を残しました。

何しろ、非道外道な犯罪者の要求に屈した事で、我が国の
名誉は地に墜ち、世界にテロを拡散させたのですから。

その時の後遺症は未だに治りきっていないのに、更に今回の
事例となれば…。

唯、ここまで話が大きくなれば、人質交換交渉を否定すれば、
マスコミ等の反応は激烈となり、その後が…。

理想は、11年前のイラク日本人殺害事件の際、検討されたと言う
特殊戦部隊による、秘匿名称「バビロンの桜」作戦の様な事でし
ょうが、リスクが極めて高く、現政権に決断は…。

No title

たとえば、陸自の特殊作戦群は創設以来、10年になろうとしています。
そろそろ練度も実戦投入相当か。あるいは秘密裏にすでに出動しているかもしれないが。

政権周辺は、特殊部隊の言葉は避けながら、自衛隊の邦人救出については関係法令の整備がまず必要だと、平時の官僚答弁をこの騒ぎのなか出しました。
世間の言葉に翻訳すると、こと自衛隊の出動は石橋を叩いても渡らぬ、と。

部隊においては様々に情報収集、作戦検討はしているでしょうが。
実現性は遠く、演習の範囲では。

あるいは、敵を欺くにはまず味方からで、動かずと見せてひそかに活動しているのか。

No title

私は日本の特殊部隊が米英と協力し、邦人救助(例えこんな馬鹿らしい事件でも)出来る、法整備と実力が必要と思います。

No title

「アイアム・何某」と、ツイッターに出すのが流行っている。
巷から自己責任論は影をひそめたと。
そのように演出し、扇動したのであろう。馬鹿馬鹿しい。

仮に捕虜交換が成立などしたら、今後、紛争地またはその周辺国にいる、在外邦人すべての安全は危うくなります。
日本人は旨みのある人質だと、世界中の犯罪・テロ組織に知れ渡るからです。
何をしでかしたか、わかっているのか。

ひそかに特殊部隊の潜入に成功したなら、救出ではなく眉間に1発お見舞いして帰ってきたほうがよい。

この先々同胞の安全を限りなく危うくした、報いを受けるべきです。
後追いして、また捕まるであろう「ジャーナリスト」への見せしめにも。

No title

この男が帰ってくることを願うと必ずニュースの冒頭に出ます。
左翼系です。むかつきますね。日本と中東、トルコの繋がりをめちゃめちゃに壊した犯罪人です。

No title

ISIL支配地周辺では、ジャーナリストの誘拐、襲撃が頻発するので。
フリーランス記者の写真やルポはもう買わぬと、欧米系の大手報道機関は申し合わせしていると。
人質の売買が、地元犯罪組織のビジネスになっているらしいです。

そんな中、日本のフジテレビは、人質取材に自社の記者を危険区域に送った。
そして合流途中の日本人女性が、自動車事故死。

この日本人女性、報道陣の現地案内を生業にしていたと。
いろいろな商売が有るものです。

治安定まらぬ国境地帯でうろうろし、また捕えられたらさらに政府の頭痛の種が増えるというもの。
そもそも、他国に迷惑。もう後追い取材はやめてもらいたい。

No title

イスラム国とやらは成り行きで出来、崩壊する運命です。
結果だけしれば日本人は生命の危険を冒してまで知る必要はありません。今年一杯もたないでしょう。

No title

外務省は1月30日トルコについての渡航情報(危険情報)の引き上げを公式発表しました。

「シリア国境地帯においては,邦人拘束事案の取材を行う日本人記者が集結していることを示す情報がインターネット上で配信・拡散しており、同地域において日本人をターゲットとした拘束,誘拐,テロ等の危害が及ぶおそれがあり,強く懸念される状況にあ」ると。

したがって「同地域に渡航・滞在している方は,直ちに同地域から離脱するよう強く勧告します」、これはもはや警告。

日本の報道陣が群がり、カメラの砲列の前で、めいめいがマイクにしゃべっているところを、逆に撮影され「獲物一覧」にされて、物騒な連中の間に出回っている。
滑稽である。

マスコミ各社にもう知らないぞと、言い渡すべきです。

No title

トルコは親日的な国ではあるが、中東では裏も表もまたその裏もある
複雑な国だそうです。トルコから日本の報道陣や関係者が連れ去られることは大いにありえるのではないでしょうか。

No title

解放間近などと伝えられたので。
真っ先に開放の模様をスクープしたい、あわよくば独占インタビューを取り付けたい。

その一心で、トルコ側国境に張り付いているのでしょう。
むんずと襟首を掴まれて、むこう側に引きずり込まれかねないのに。
愚かなことです。

No title

おおいにあり得ますね。トイレに行きかえってこないとか。

No title

イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件で、外務省が退避するよう求めているシリア国内に、朝日新聞の複数の記者が入っていたことが31日分かった。

もう止めようがありませんね、暴走新聞社。
日本政府の足を引っ張ることだけは、一流。

No title

y様ご指摘の朝日の愚行ですが、もう政府は、危険地帯へ
敢えて出かける輩を取り締まるべきです。

身勝手な理由で勝手に出かけて、内外に多大な悪影響を与え、
税金を無駄遣いする。

最早、これは犯罪と言って、過言ではないです。

今、手元の我が旅券には、外務大臣の名に於いて、保護通行の保障が記述しているだけです。

しかし、嘗ての日本旅券には、ある場合には渡航先を追加しないとか、旅券の発給ができないとかいうことを想定していました。(今もですが)その為、古くは、東独、北ベトナム、少し以前までは、北朝鮮への渡航には、効力を有さないと記載されていました。
旅券にこの事項の記載復活が必要かも…。

No title

今回は旅券を提示して、正規に入ったと称しています。
どこの検問所かは知らぬが、パスポートに紙幣が挟んであったくらいの手練手管でしょう。
摘発したら、それこそ報道弾圧だと大騒ぎで。

まあ、こうなると自爆テロのようなもので。
自分の喉首を裂かれてまで、自国政府を攻撃するようなもの。

続いて2人3人と捕まれば、世界も日本ジャーナリズムの迂闊さ、馬鹿馬鹿しさに気づくのではないですか。

No title

お二人のご説の通りです。日本のジャーナリストの常識はこんなものでした。この件は終わりましたが、政府は中東各国に多くのカリをつくりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ