FC2ブログ

記事一覧

操縦士の.25口径拳銃

武器学校にコルト、ブローニングを始めアストラとか無可動にされているが手のひらに入る
小型拳銃が展示されている。
皮革製の収容嚢と合わせてあるが、帝国陸海軍操縦士の自決用の拳銃だった。

おじいちゃんが亡くなり、遺品から出てきて、警察署から武器学校に送られて来たものらしい。

操縦士は航空機が撃墜され敵地に降下すれば自決しかなかった。
多くの情報を持っているからだ。


ヨルダンのF-16の操縦士も同じ状況になったが、帝国日本軍や第三帝国ドイツ空軍のように
小型拳銃で自決する習慣でなかったようだ。

それで酷い目になっている。生死も分からぬ。

その深刻な操縦士の状況と、ゴウトウ君を助けろ、どうしろという日本メディアの大合唱には
白ける。どれだけヨルダン、トルコなどの友好国に迷惑を掛けているか?

潔く舌を噛み切る。これが日本男子の死に方だと思うのは私だけか?
スポンサーサイト



コメント

No title

人命の重さは同じであると、理屈ではそうなるが。
F15戦闘機 1機当たり1時間の飛行訓練経費は、1万2千ドルかかるとのことで。

パイロットの養成に、どれだけ多大なコストがかかっているか。
不時着して200ドルの拳銃で自決させるなど、実にもったいない話です。

ベトナム戦争時米空軍はコンバット・レスキュー隊(戦闘救助部隊)まで組織して、何人の犠牲を出そうとも敵地からパイロット救出に専念しました。
USAFは、太平洋戦争でもパラシュート脱出したエアーマン1名でさえ、駆逐艦や潜水艦を差し向けて救助した。

モアズ・カサースベ中尉
拘束経緯や心痛む画像から、もはや生存は厳しいと思われますが。
どちらを救うべきかは、明らかではないですか。

No title

ブッシュ大統領(父)も小笠原で撃墜され、九死に一生を得た。
ご説のとおりです。

No title

日本人さえ助かればよいのか、「アイアム・モアズ」のアピールをする者はおらぬようで。

米軍パイロットの携帯武器は、きちんと撃ちあいに耐えるサーバイバル・ガンの仕様で。
ジェット機の時代には狭い操縦席に、専用開発した223口径のマシンピストルまで持ち込んだが。

かさばり邪魔なのと、だいたい「敵地墜落に備える」など縁起でもないと。
たいそう不評だったとのことです。
空自は、やはり今もけん銃1丁なのでしょうか。

No title

機体から脱出シートで飛び出たら、身につけた拳銃だけでしょう。
機体が壊れずに不時着したら、かなりのものが使えるでしょう。
今回は前者のケースだったと思われます。ペニス、指を切り、目をつぶす、パイロットにはこういう制裁が待っていると聞きました。

No title

カサースベ中尉の生存は確信していると。
彼の一族の広報担当が語った。

向こうでは「部族」が交渉力もマスコミ対応もする。
サウジなど大きな部族国家で。大したものです。

とにかくも生きている限り、たとえ廃人になるまで痛めつけられていても救出しなければ。
ヨルダンの民衆は寛容にも、日本人の開放も祈ってくれていると。

微力ながら私も祈ろう。
ヨルダンの英雄、カサースベ殿に自由を。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ