FC2ブログ

記事一覧

まだ緑が濃い

今日、狩猟者登録証を受け取り、弾薬を購入した。地図を見ると僕の行きたい地帯はほとんど禁止区域はない。10月の半ばに下見に行った際にはまだ野山には緑が濃く、紅葉の兆しは僅かだった。稲はすっかり黄色くなっていたが。東京でも昼は温かい、荷物を持って歩くと汗ばむほどだ。確かに日ぐれは早いがイチョウの樹々は少しも黄色くない。大丈夫か。狩猟では樹々の葉が落ちていることが重要だ。ターゲットが見やすいし、安全だ。毎...

続きを読む

羽田空港水タンク塩害事件

昨日の羽田空港国内線第一ターミナルは大混乱だったらしい。詳細や原因は明らかではないが、水道水を飲んだ利用者から「塩辛い」とあり、調べたらタンク水の塩分が多かったそうだ。そんなことがあるのだろうか?台風や大雨で海に隣接したビルに多量の塩分が残ったことがあるかもしれないが、飲んで塩気を感じると言うのは相当な量ではないか?それにひとつのビルだけと言うのも気になるではないか。水道パイプに亀裂があり、海水が...

続きを読む

反日左翼の巣窟、都の西北

どうしょうもないこの男を呼んで話をさせるとはどういう気であろうか?都の西北思想は僕とは相いれないものがあったが今回の講師はどういう背景なのか?コリアンさんへの受けを狙ったのか?もしくはコリアンさんの関係者がセッティングしたものか?津田 大介、金髪デブのこともあり、よほど日本国の立憲民主主義が気にいらないのか?不思議に思う。これに反して義塾は常識があり寄付をしても許せる。朝鮮日新聞には多くの都の西北...

続きを読む

日本の茄子環

帝国陸軍が使用していた装具の負い帯に使われた金具だ。軽機関銃そのものや弾薬入れ、弾倉入れなどさまざまな布製収容嚢を身に付ける際の帯の留め具だ。比較的大きく3ⅹ7cmほど。厚い鉄板製でバネで止めた。黒く塗装されていた。収容嚢には金輪がありそこに掛ける。長さ調整金具も同じようなつくりの鉄棒でこれも頑丈だ。この手のものは現在多くのアウトドア用品に使われているが、樹脂製が多い。誰が発明し誰が製作したかは不明...

続きを読む

スポンジボブ

動物、植物、物体を擬人化する、は何かの表現には有効な手段だ。日本の古典、鳥獣戯画はその嚆矢だったかも知れない。僕は米国のコメディが好きだが、アニメはあまり見てない。最近、エスと見るテレビ、回していると彼が興味を持ったのをお付き合いで観てた。「スポンジボブ」と言うキャラクター、米国時代には見たことが無かったが、これが目を引いた。「スクエアパンツ」(角ばったズボン)と言う副題がついていて、台所の皿洗い...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ