fc2ブログ

記事一覧

カイロ大学「首席卒業」はありえるか?

日本ネイティブな学生が海外有名大学で首席卒業できるか?とても大変なことではないか。昔、エジプトで考古学研究をしていた学者の講演を聴いたとき、彼はそもそも論でカイロ大学には卒業という概念は薄いと説明していた。緒方洪庵塾のように許される時期に好きな学問を学び、次に移る、そういう学問の場であるのかもしれない。だから小池 百合子さまが「カイロ大学首席卒」と語ったのは、一般的な大学とか大学院の背景なら理解不...

続きを読む

米国国賓のキツネ眼

思えば、1904年5月連休のころ、いまから30年も前だ。当時、私がいたニューヨークを自民党青年団が訪れた。子供のころからの友人、塩谷 立(しおのや りゅう)議員が団長だった。夕食をする約束になっていた。ウオルドルフアストリアホテルロービーで会い、ビレッジのジャズクラブ「スィートベーゼル」に行った。彼が友人を連れて行くと、一緒したのが、キツネ眼の男、岸田 文雄さんだった。そのときの岸田さんの僕の印象は「つ...

続きを読む

中国は台湾武力侵攻の余力なし

・・と言うか、それどころでない、中国は他のことで忙しい、とは川島 真先生のお話。川島先生は中国批判の学者ではない。彼らの悪行、傍若無人の背景にあるものを語る。習 キンちゃんは真面目な指導者で、仕事に邁進し多忙だ。一方、指導部には顔を出さなくなる人達がいて何が理由なのか?気になると。シロフクロウのばあちゃんと、李 強首相はこう見ると穏やかな方だが・・先の全人代(3月5日)李 強首相の「中国工作報告」の...

続きを読む

4人に一人が認知になる時代と落語

笑うことは認知の予防になると、東大卒落語家春風亭昇吉さんの「落語という知られざる世界」という話を聴いた。彼は世の中、笑いが必要、笑うと頭脳が柔らかくなり、笑う門には福来たるでないが、認知予防に良いと。「是非出かける時は3人で」とオチを入れたのだが、笑う聴衆は少なかった。無理も無い。頭の固い人も多い真面目すぎる集まりだからだ。最初から笑わせる話し方で、彼が東大生から落語家になった理由を語った。学生の...

続きを読む

マイクロソフト社が日本に投資を・・

米国IT大手、GAFAは欧州で独占禁止でやり難いそうだが、このたびのマイクロソフト社がキツネ眼に伝えた日本への4800億円もの投資、これは一応歓迎すべきことではないか・・日本の業界には競争が激しくなると言う懸念はあれど、レベルが違う。M社の事業は日本の拡大拡大にも良いと考えられる。M社に関してはふたつ思い出がある。ひとつは1986-7年頃、働いていた職場でビル・ゲイツさんを見かけたのだ。加茂クンという若者がこの手の...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ